小笠掛川歯科医師会

あなたの街の歯医者さん

小笠掛川歯科医師会 公式サイト 掛川市 菊川市 御前崎市

2021年度
詳しい歯科情報

災害時診療所マップ
静岡歯科医師会
日本歯科医師会
│お│知│ら│せ│アイコン

令和5年新春オンライン講座

令和5年2月22日(水) 20時から21時30分まで開催する参加費無料のセミナーのご案内です。 パソコン、スマートフォンなどから、どなたでもご視聴になれます。
事前登録が必要です。

登録はこちら
https://us02web.zoom.us/j/89597388939
なお、登録の際にパスコードを聞かれる場合があります。
パスコードは 378796 です。

※アプリ、通信環境の不具合などで視聴出来ない場合があります。その際はご容赦ください。
 昨年は登録と視聴が別機器の方やスマートフォンから事前登録をされた一部の方が視聴できませんでした。
 

▲TOP
│事│業│内│容│アイコン

休日診療

休日マーク詳しくは こちらをご覧ください。

休日診療イラスト
診療日
日曜日・祝日・年末年始
診療時間
午前9時から正午(受付は11時30分まで)
診療場所
小笠掛川急患診療所(掛川市杉谷南1-1-30)

▲TOP

障がい者歯科診療

障がい者歯科診療受付開始

中東遠地域障がい者歯科診療開始のご案内

平成25年7月から小笠掛川歯科医師会と磐周歯科医師会が中東遠総合医療センター(以下、医療センター)と連携して「療育手帳保持者(知的障がい者)」を対象にした歯科診療が始まります。

診療を希望される方は障がい者歯科受付係(0537-22-6177)に電話して、そこで紹介された障がい者歯科協力歯科医院を受診する流れとなります。

協力歯科医院での診療が困難な場合は、歯科医師が医療センターを予約して第2と第4木曜日の午後に医療センターで障がい者歯科専門医(非常勤)による歯科診療が開始されます。

※.医療セン夕ー障がい者歯科外来受診は障がい者歯科協力歯科医院を通した予約が必要です。

中東遠地域障がい者歯科診療の流れ

  1. 障がい者歯科診療希望者は 【障がい者歯科受付係】(小笠掛川歯科医師会内)へお電話ください。
    受付電話
    0537-22-6177
    受付時間
    平日 9:30~2:00
  2. 担当者から、小笠掛川歯科医師会または磐周歯科医師会の障がい者歯科協力歯科医院の紹介を受けます。
  3. 協力歯科医院を受診して、問診後に歯科診療を開始します。
  4. 診療か困難な場合は、歯科医師が医療センターの受診予約を行います。
  5. 医療センター障がい者歯科外来(第2と第4木曜日の午後)を受診して、障害者歯科専門医(非常勤)による診療方針の確定後に歯科診療を開始します。
  6. 医療センターでの診療は専門医が協力歯科医院での診療可能と診断したら終了となります。それ以降は協力歯科医院にて歯科診療を継続します。

▲TOP

訪問歯科診療

寝たきりの方のお宅に歯科医が往診を行います

対象者
掛川市・菊川市・御前崎市にお住まいの寝たきりの方
申込み
本人又は家族の方が『訪問歯科診療申込書』を地区担当の受付窓口、または治療を受けたいかかりつけ歯科医へ提出してください。
訪問歯科診療

お願い

  1. お申し込み時に担当歯科医が電話連絡の上、訪問いたします。当日は必ず介護者の方が付き添ってください。
  2. 治療費用は原則的に保険証を使っておこないます。治療後その場で自己負担金を歯科医にお支払いください。
  3. 訪問した歯科医の交通費は患者負担となります。詳しくは担当歯科医にお尋ねください。

▲TOP

健診事業

  • 幼稚園・小・中・高校の学校歯科健診や企業健診の実施
  • ママセミナーなどでの講話・啓蒙活動
  • 歯の健康チェックデー・食育フェアーへの協力
  • 1才半・2才・2才半親子・3才児歯科健診事業
  • 歯周疾患健診
歯科診療

▲TOP

病診連携事業

小笠掛川歯科医師会会員診療所は地域の一次医療機関としてかかりつけ医制度を推進し、地域住民の口腔保健の維持管理に努め、病院歯科口腔外科は二次医療機関として高度医療の提供に重点を置く病診連携システムを確立しております。病院歯科口腔外科の受診患者は基本的には歯科医師会からの紹介患者が主体となります。

病院名

  • 中東遠総合医療センター
  • 榛原総合病院口腔外科

▲TOP

8020運動の推進

8020イメージ

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

1989(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。

楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。ぜひ「8020」を目指してください。

▲TOP